So-net無料ブログ作成
クリエイティブ ブログトップ

パーティクルによる羽毛の表現。 [クリエイティブ]

以前作成していた素材から、パーティクルによる羽毛の表現。


ソフトな感じがなかなかよろしいのではないか、と。

ほんの少しの重力や空気抵抗の設定をしたら、あとは羽を動かしただけ。
(と)

逆に超高速度撮影。 [クリエイティブ]

微速度撮影とは真逆の『超高速度撮影(=ハイスピード)』も最近のデジタル技術向上で
たいへん美しい。フィルムと違い撮影中もカメラが無振動で一切ブレないのもきれいな要因。


フィルムカメラでは"Photosonics"社製が断トツだった。この映像はそのフォトソニックス社が現在取り扱う"Phantom Flex and Phantom HD cameras(Vision Research社製)"デジタルカメラによるデモンストレーション。
フォトソニックス社は、近年はミサイル追尾や航空機搭載カメラなど軍事技術にも力を入れているみたい。

この分野では、FOR-A(朋栄)など日本のメーカーも頑張っている。
※軍事じゃなくって、超高速度カメラの方ね。

(と)

最近の微速度撮影。 [クリエイティブ]

近年、世界中の映像制作者の間で『微速度撮影(=タイムラプス、インターバル撮影)』での
たいへん美しい映像が制作されている。


Matthews”製のスライダーを使ってインターバル撮影しながらカメラもトラックしている。

このマシューズのスライダーがエレベーター式のウエイトが付いているのでとてもスムーズ。
機材レンタルや業務用ショップでも見掛けるようになってきた。

http://www.msegrip.com//sliderhome
近々モーションコントロール仕様のクリップも上がるようなので楽しみだ。
(と)

【新藤監督】ご冥福をお祈りいたします。 [クリエイティブ]

新藤兼人監督が亡くなったというニュースが入ってきた。
享年100歳。老衰だそうだ。

前職のプロダクション社長が元近代映協ということもあって、
かつて皆元気一杯の頃は新宿ゴールデン街で夜な夜な話を
よく聞いたものだ。

ぎりぎりまで新作映画の事を想っておられたようで、
急去を惜しまれる方も多いが、私はありがとうございました、ゆっくりお休みください。とお伝えしたい。

(と。)

HDMI -> H.264 WiFi エンコーダー [クリエイティブ]

カメラのHDMIからHDビデオ/オーディオ信号をリアルタイムでH.264にエンコードし、
WiFiでストリーム信号を垂れ流してくれる、素敵な箱。

yhst-128017942510954_2161_443132.jpg
『Teradek Cube-220』

ワイヤリングできない状態の撮影時に、PCやタブレットでハイビジョン動画のモニタリングが可能に!
他にHD-SDI接続のモノや、有線LAN仕様の物も・・・

今すっごく欲しいアイテムのひとつ。(と)

io EXPRESS [クリエイティブ]

AJA社の「io EXPRESS」気になるなあ・・・
価格がとにかく魅力的。

ioexpress.jpg
http://www.aja-jp.com/io/io-express/

定価:153,000円(税抜)
他社も、追従して同価格帯でやってくれると・・・(と)


秒140万コマ・・・ [クリエイティブ]

ViSiON RESEARCHという所から超ハイスピード撮影ができるカメラが出ている。

phantom.jpg
http://www.visionresearch.com/

何といっても秒140万フレームというから驚き・・・
GALLERYページで様々な映像サンプルを見ることができる。

スポーツ中継なんかのプレイバックとか、
かなり特殊な用途用とは思うのだが。(と)


Max 2010。 [クリエイティブ]

折に触れ「CG技術は頭打ち・・・」などと言う話をよくするのだが、
最新のMax 2010で作業する機会に恵まれた。

maxsplash.jpg

グラファイト モデリング ツールセットなど画期的な新機能もさながら、パフォーマンスが
圧倒的に向上しているように感じた。
特にmental rayでのレンダリングやネットワークレンダーの速さには少々驚いた。
ワークステーションを64bit化してメモリーを増やし、最新のGPUを使って是非、
ヘビーワークさせてみたいと思った。(と)


デジタル一眼で。 [クリエイティブ]

デジタル一眼レフカメラで、ムービー機能が充実してきている。
キャノンEOS 5DmkII がきっかけだ。

d90_3qtr_lg.jpg
http://www.redrockmicro.com/redrock_dslr.html

ここのように、デジタルシネマ系アクセサリーメーカーも本気で
やる気になっている・・・
RED でシネカメラが低価格化し、さらにこのような選択肢が増えると、
制作費のデフレスパイラルが心配だ・・・。(と)

クリエイティブ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。